山門をぎいと鎖すや秋の暮  正岡子規

原本