背泳ぎやまんばうのやうな雲が  奎亮の句