木がらしや目刺にのこる海のいろ  芥川龍之介の句