野はかれて何ぞ喰いたき庵哉  一茶の句